プラセンタは美容成分の定番であるコラーゲンやヒアルロン酸を上回り
今、美容業界でも最も注目されている美容成分です。

 

でも、そのプラセンタは健康食品や化粧品などに幅広く使われているんですが、種類として大きく分けると馬と豚の2種類なんです。
そこで、気になるのが、馬と豚どっちがいいの?なんて疑問!

 

比べてみると馬のプラセンタの方がいいんです。

 

どこで判断すればいいのかというと、アミノ酸の含有量です。

 

アミノ酸は肌はコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンの生成に欠かせない美容成分であり、毎日の健康にも欠かせない成分です。
さらに馬プラセンタのアミノ酸には、人間の体内で作ることができない「必須アミノ酸」も含まれているんです。

 

馬プラセンタは豚に比べてアミノ酸含有量が296倍も高いのが特徴。
さらに豚と馬では一度の出産数が違い(豚は1度に10〜12頭、馬わずかは1頭だけ)
から成分の濃さが違います。

 

その点から見ても馬がどれだけ優れているのかわかりますね。

 

しかし今まで多くの健康食品や化粧品など使われていたのは豚プラセンタ
なぜかというと価格を安くできるから、価格の面からいえばデメリットがある馬プラセンタですが、
最近では中間コストなどを抑えるなどの努力で手軽な馬プラセンタも数多く販売されています。

 

 

ここではそんな馬プラセンタをランキング形式で紹介しています。

 

▼総合ランキングはこちらです▼