美容成分として有名で昔から大人気のコラーゲン。

サプリや美容ドリンク、コンビニでちょっとした飲み物を買うときですら、
「コラーゲン入り」なんて書いてあるだけで買ってしまいますよね。

 

美肌に効果があるって有名なコラーゲンがお肌に良いとされている
理由なんですが、お肌の皮膚といわれる部分は表皮・真皮・皮下組織の

 

3層構造になっていて、この3つのうち女性にとってもっとも気になる
お肌のハリや弾力、潤いなどを保つ機能を持つのが真皮なんです。

 

この真皮の約70%を占めるのがコラーゲンというわけです。

 

コラーゲンは弾力性のある繊維状の構造をしていて真皮の中で網目状にはりめぐらされているから
、肌は伸び縮みするし、弾力を保って押しても元に戻るのです。

 

でもお肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲンは残念なことに年齢とともに減っていきます。

 

そこで!お肌のハリや弾力を保つために、コラーゲンが注目されているというわけなのですが、
実際のところはそんなに単純ではないようです・・・。

 

 

実はコラーゲンだけ摂っていてもお肌のハリや弾力、
潤いを維持することはできないんです!

 

ではどうすればいいのかというと、単純にコラーゲンを飲んで補うだけでなく、繊維芽細胞を活性化して、
バランスのよい状態に保つことが大切なのです。

 

そこでプラセンタの効能の繊維芽細胞を元気にし、生成をサポートする力が必要というわけです。

 

コラーゲンでお肌のハリ、弾力潤いを保ち、
プラセンタで繊維芽細胞を元気にすることが必要なんです。